ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピンクのショパン6視聴
子安緑川
森川鈴村
平川岸尾
森川鈴目当て(´∀`)
台詞がすげえええ
恥ずかしすぎるw
フェルマータがどうだとか楽譜?の記号になぞらえつつ。
鈴ぽんの喘ぎが、時々チェリベでやってる声で爆笑だたよ…
いや、かわいいんだけど!
そして岸尾にはテラ萌えだったのだが、
平川さんがどうも微妙でした…
私苦手らしい。花嫁くんのときはそんなに気にならなかったのに…
ヘタレ以外はだめだな…
こいつら乱交しすぎ…遊びすぎだろwぴかるんはさすが。
鈴ぽん受けは神だなー森川さんいい声ー
南原作品てどうしてこんなに笑えるんだろう…
「お前と付き合ってから…俺のピアノはヒートしっぱなしだ」
演技出来る声優さんすげえええ


スレイヴァーズシリーズ読み終わり。
最後はもう、ほんと、サエキの気持ちでした。
やっと!やっとシュウイチ様があああああ!みたいな。

4巻の淫乱シュウイチさんにはくらくらしながら、ちょっと悲しかったんですけど、お互いの気持ちが通じ合うのをもうずーっとおあずけされてたので、ちゃんと物語が収束してすっきりです。
憎しみ・劣等感が消しさられた上での愛っていうのは理想過ぎるけど、それぐらいがちょうどいいと思う。サエキ良かったね!って本気思う。シュウイチ様好きだなー、って最初は思ってたけど、最後はサエキかっこよいじゃん!と見直しました。お互い対等になって、お互いの名前を呼びあうときは感動した!一番泣けたところは、事故で体が戻るか分からないシュウイチに、一生面倒みるって伝えるところ。素直にシュウイチさんへの愛を伝えるところ。フィクションだから!(どっちかっていうと、ここでシュウイチさんも思いを衝動のまま叫んでもらいたかったんだけど…シュウイチの性格的にはいいとは思ったけど、それを振り切ってたらもっと涙腺崩壊してたはず…)

うへへ、また華藤えれなさんの買おう(´∀`)
ではまた


スポンサーサイト

一話!!!詳しい内容には触れないけど!!!

スザク!!!

綺麗だったよ
最後のセリフとかドキドキだよ
かわいいから綺麗へ…
天然から鬼畜へ…
これから楽しみすぎるよスザクたんハァハァ

ルル様もキモかっこかわいい
公式うんちなのがいいね
走るとハァハァするルルたん

きらきら
作画綺麗でした^^

これから毎週幸せだ!!!
資格勉強しなきゃなんですが全部吹っ飛んだ
いや頑張れ私
スザク効果でがんばる!!!愛!!!


昨日は父と祖母で中華料理を食べに行きました
久し振りにおいしいちゃんとしたご飯^^
マンゴープリンがめちゃめちゃ美味でした!
お小遣いももらったし、よかったよかった!

最近なぜかあまりやる気がおきません
結構いつもそうなんですけど…

外に出ること・人に会うことが億劫になるのは久し振りな気がします
大体昔から、人付き合いが不得意で、あまり人から誘われるということがなかったので
大学に入って、予定があるという事実がうれしく、悩むとか滅多になかったんですけど
最近はそれさえ面倒に…
甘えてるのか、慣れてしまったのか…
増長慢心する自分を抑えなくてはいけないなぁと思います
勉強も全然やってないや…

20年以上ぼんやりと生きていた私は
酷く自尊心を傷つけられたということはないのですが
理想から遠ざかる現実と結果を経験してそれは
小さな引っ掻き傷となって、どんどん蓄積されているようです

根拠のない傲慢な自信が気付いたら崩れおちていて
理由はないのに、何故か他者にその憎しみをぶつけようとしていて
その人がどんな思いでその言葉を発したのかなんてわからないのに
悪意なんて多分ないのに
もしかしたら何も考えていないのに

自分の心に冷たく刺さるそれに、どうしようもないもどかしさと絶望が沸いて
ああ、これがこの人が嫌いだってことなの、それとも好きだってことなの、なんて
ある種マゾっぽい感覚が浮かんだりしています

嫉妬心なのかもしれないし、敗北感なのかもしれない
心に浮かぶ嫌なそれを、実は言い表すことが出来なくて
でも、元来の自分はそういう人間なんだろうなぁ…
「鬱」日記ほどつまらないものはないですね

自覚することから始まり
それを乗り越えるのが第二の強さなのだと思います
どうやって立っているのかさえ分からないけれど
頑張りまーす



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 AZ-Diary, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。