ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前々からデスノアニメの演出には悶えていた私ですが、
最終回のオリジナル部分も思う存分泣かせていただきましたよ…

私の中のライト、絶対死にたくない、なんて取り乱してほしくなかったんです。だからアニメの方がすごくイメージに合ってた。

ライト、ミカミが暴走中に逃亡
ひとりで、過去の自分を振り返って、
痛くて痛くて、死にそうで、
ちょっと前にはかなり邪悪に取り乱して、
それなのに、
あんなに綺麗な表情をするんですよね…
あれがほんとのライトだって今でも思ってます

一人、どこに行くかもわからないのに、
ふらふらと歩いて空虚な表情で
ムラサキ色の夕焼けに照らされて
導かれるように、
光が差し込む階段
あれって、雨の日、エルと一緒に足をふきあったりした場所ですよね?違うかもしれないけど、似てました
あれもアニメオリジナルの演出で、鳥肌立つほど感動だったんですけどね
それを思い出しながらなのか
ライトが光りに照らされて
心臓の痛み
だけど何も言わず光に目を閉じることもなく

しかも、最後に、柱の向こうに見えたエルの姿
負けたよ、って認めている気がします
もう終わろう、ってやっと楽になれたようにみえます
エルのところへ、いけたのかな…

そして、最後、
夕焼けは暗闇に変わり
闇夜の中 孤独に光る三日月…
綺麗すぎる…
やっぱりライトの月は満月じゃなくて
寂しさ退屈感じる、不完全な月で
エルはそれを照らす太陽だったんですよね…
唯一孤独をなくしてくれる対の存在…

あのとき、あの階段で
交わした言葉とか
そういうの思い出したりしてたのかな
あれがあったから、死を受け入れられた?

ライトが、やすらかに死ぬことができてよかった
アニメでライトの死を受け入れられた気がします

なんだか、純粋でまじめな子だったと思うし
潔癖でもちろん頭のいい子だったし
自分で自分に違和感感じてたのかもね
それでも最期は世界とか、どうでもよくなってたかな?
そうだといいんだけど。

私はライトが好きです、たぶんこれからもずっと。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 AZ-Diary, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。